保育所の保育士が不足している問題について

保育士不足の対策

それでは保育所で保育士が不足している問題について、どのような対策が実施されているのでしょうか。まずは働き方の見直しが必要となるでしょう。これは保育士の働き方だけではなくて、子供を預ける保護者の働き方についても、問題点を改善していかなければいけません。日本の労働者は長時間労働をしているケースが多いのです。そこで、たとえばそれぞれの企業が在宅勤務を許可することによって、自宅で子供の世話をしながら仕事をすることも可能となるでしょう。そうなれば、保育所に子供を預ける保護者も減少するため、保育士不足の問題も解消されるのです。

他には、たとえば保育士に対する家賃補助をするというケースがあります。これによって、保育士は住まいを確保するための費用を削減することができるため、結果的に待遇が改善されます。あるいは、保育士の給与そのものを上げている自治体もあるのです。

ただし、一部の地域のみが待遇改善されてしまうと、周辺地域の保育士が減ってしまうという現象も起きています。したがって、全国的に包括的にこのような対応策を進めなければいけないでしょう。それが求められているのです。今後もいろいろな対策が実施されるでしょう。

Copyright © 保育所の保育士が不足している問題について, All rights reserved.