保育所の保育士が不足している問題について

保育士不足の理由

保育士不足が問題とされているのですが、それではそもそもどうして保育士が不足しているのでしょうか。それは保育士として働きたいという方が減っていることが原因となっています。労働環境が悪化しており、離職が相次いでいる状態となっているため、保育士が不足してしまっているのです。保育士の資格を持っているけれども働いていない潜在保育士もたくさんいるはずなのですが、その人達もあえて保育士として働こうとは考えていないケースが多いのです。

それでは、どうして保育士の労働環境は悪化しているのでしょうか。それは、たとえば賃金が低いからです。賃金が低いと多くの方はその仕事をやめてしまうでしょう。もっと賃金の高い仕事を求めるのです。また、長時間保育が最近は増えています。共働きで、両方ともにしっかりと一日中仕事をするというケースが増えています。こうなると子供を保育所に長時間預けておく必要があるのです。そのため、どうしても長時間保育となってしまい、そのため、保育士の負担が増えてしまいます。

また、親から過剰に要望がきてしまうこともあります。クレーマー体質の方が増えているのです。そのような親への対応に苦労している保育士もたくさんいるでしょう。これらの理由から保育士が不足しているのです。

Copyright © 保育所の保育士が不足している問題について, All rights reserved.